ブランドイメージとコーポレートカラー

更新日:

集客の増える看板は、人々の目を引く目立つものであるべきですが、同時にブランディングも大切です。ブランディングとは、会社や店舗、商品のコンセプトを「価値のあるもの」と認知させるためのマーケティング戦略です。要は、人々に好印象のブランドイメージを与えることです。

そして、会社や店舗の看板でブランディングを試みる時に重要な要素の一つがコーポレートカラー(企業を象徴する色)です。

今回は、ブランドイメージとコーポレートカラーについて紹介します。

ブランドイメージとコーポレートカラー

ブランディングとは「売れ続けるための仕組みづくり」

ブランディングとは、企業側の「顧客からこんな風に思われたい」というイメージと、顧客の「このお店(企業)はこういうものだ」というイメージを近づけていくための行動のことです。ブランドといえば、高級品や大手企業というイメージがあるかもしれませんが、中小企業や日用品を扱う企業・店舗においてもブランディングは重要です。

企業や店舗がブランディングに成功すると以下のメリットがあります。

  • ライバルとの差別化
  • 顧客のファン化による長期的な売り上げ確保
  • 不毛な価格競争の回避

顧客が自社に対して良いイメージを抱いてくれることにより、売れ続けるための理想的な循環が出来上がります。

そして、ブランディングを成功するために最初におこなうことは、顧客のターゲットを設定しブランドアイデンティティを構築することです。

ブランドアイデンティティとは

ブランドアイデンティティとは、「顧客からこのように思ってほしい」というイメージのことです。顧客層や取り扱い商品などによってどのようなブランドアイデンティティが効果的なのかは異なりますが、店舗や商品の特徴を顧客がはっきりと認識できるように働きかけることが一つの大きなポイントとなります。

そして、ブランドアイデンティティの大きなヒントになるのがコーポレートカラーです。

コーポレートカラー=企業カラー

コーポレートカラーとは、企業のイメージを表すカラーです。会社や店舗のイメージに合うカラーを設定し、顧客の視覚に訴えることにより、人々の心理にさまざまな影響を与えます。

具体的に心理学的なカラーイメージを紹介します。

  • 赤=リーダーシップ、情熱、社交性を表します
  • ピンク=女性的で優しい印象。ソフトで温かみのあるイメージを与えます
  • 紫=感性が豊かで想像力が溢れるイメージです
  • 青=冷静でクール、知的なイメージです
  • 水色=柔軟性がありバランスの取れたイメージです
  • 緑=自然・調和を表し、協調性をもたらすカラーです
  • オレンジ=陽気で気さく、思いやりのあるイメージです
  • 黄色=知的でユーモラス、好奇心旺盛なカラーです
  • 茶色=落ち着き、安心感、安定を感じさせてくれます
  • 黒=クールで、都会的、洗練された雰囲気を持ちます
  • グレー=協調性にあふれバランスの取れたカラーです

看板制作の際にはコーポレートカラーを活かしたブランディングを!

コーポレートカラーがすでに決まっているケースとこれから決められるケースとあると思いますが、いずれにしてもコーポレートカラーによる印象を看板制作に活用すればブランディングに効果的な看板制作をおこなうことができます。

さらにデザインやカラーの組み合わせなどによって、より自社のコーポレートアイデンティティーに合った看板を制作することができます。

具体例を紹介すると、以下のイメージです。

  • 高級志向の落ち着いたお店
    落ち着いたカラーを用いてシンプルなデザインにすることにより、安心感や信頼感の得られるイメージを訴求する
  • 大衆的な日用品を取り扱う店舗
    赤やオレンジなどの社交性のあるカラーを派手に用いることで「安さ」や「気軽さ」をアピールする

ブランディング看板に適した看板の種類

ブランディング看板を制作する際に特に強く意識したいのはファサード看板やタワーサインです。企業の場合には、プレート看板など外部の人々がよく目にする看板がブランディング看板に適しています。

看板によるブランディング戦略はどちらかといえば長期的な戦略です。すぐに目に見える効果は表れなくとも掲出することにより徐々に地域や業界内でイメージが浸透していくので、ブランディングを意識した看板制作を検討されてみてはいかがでしょうか?

まとめ

看板は企業や店舗がブランディングを実践するための重要なツールの一つです。

自社の思い描くブランディングアイデンティティーと顧客からのイメージが一致しているということは、長期的に売れ続ける仕組みが出来上がっていることを意味します。不当なサービス競争に巻き込まれずに自社の商品・サービスを展開していくことができます。

ブランディングの際に重要なポイントとなるのがコーポレートカラーです。カラーによって特徴が異なるので、今回は主なカラーについて多くの人々が抱く印象についても記載しています。

看板制作の際には派手に目立たせることの他にブランディングにも意識して取り組んでみてください。

看板相談カウンター

経験豊富なアドバイザーがより良い看板制作会社をご紹介します。

0120-829-938

設置までの流れ・大まかな予算・最適な制作会社など、初歩的な疑問・質問、思い立ったらいつでもご連絡ください。(受付:平日 9時~18時)

Copyright© 看板制作のノウハウ集|プロが認める看板制作会社をご紹介|あつまる看板 , 2020 All Rights Reserved.